運動会のお弁当レシピ!簡単で人気のメニュー


運動会が近づいてくると悩むのはお弁当のメニューですよね。

運動会は親子だけでなく、おじいちゃんおばあちゃんや親戚も集まって大勢でお弁当を食べる家庭も多いのではないでしょうか。

子どもも喜んでくれておじいちゃんおばあちゃんもおいしく食べれられるお弁当メニューだと嬉しいですよね。

今回は運動会の簡単で人気のお弁当レシピを紹介します。

「運動会のお弁当レシピ!簡単で人気のメニュー」の続きを読む…

初節句のお返しは両親にも必要?マナーと相場は?


子どもが初節句を迎える。

そう思うと感無量ですよね。

節句の度にお祝いする家庭は多いのですが、特に初節句を重視する家庭は多いのではないでしょうか。

というのは、初節句には多くの人から「お祝い」をもらうことが多いためです。

「お祝い」をもらったらお返しするのは当然ですが、自分の両親や義両親にもお返しした方がいいのでしょうか?

「初節句のお返しは両親にも必要?マナーと相場は?」の続きを読む…

お盆のお墓参りの期間は?お供え物と作法は


お盆は日本人にとって欠かせない行事といえます。

その理由は、お盆が近くなるとご先祖さまのお墓参りをして、ご先祖さまを迎える迎え火や送り火、提灯を灯したり花や果物などのお供えものを仏壇や仏壇の近くに飾ります

ご先祖さまを忘れずお墓参りを行うのは良い事ですが、でも、お盆にお墓参りするのに期間があるのかやお供えものは必要なのか、作法などについてはわからないという方は多いのではないでしょうか。

今回は、お盆のお墓参りの期間やお供え物は必要なのか、作法はあるのかなどについて書いてみます。

「お盆のお墓参りの期間は?お供え物と作法は」の続きを読む…

お盆飾りの意味とは?いつからどんな風に飾ればいいの?


暑い夏がやってきました。

夏といえば夏休みに、海に、お盆ではないでしょうか。

お盆とは夏に行われるご先祖さまを供養する行事のことです。

お盆にはご先祖さまが戻ってくるとも言われており、ご先祖さまを迎えるために様々な準備を行います

その準備のひとつにお盆飾りを用意しますが、そもそもお盆飾りとはどんなものでどんな意味があるのでしょうか?

今回はお盆飾りの意味やいつからどんな風に飾ればいいのかについて書いてみます。

「お盆飾りの意味とは?いつからどんな風に飾ればいいの?」の続きを読む…

飲む日焼け止めとは?効果や安全性は?


日焼けが気になる季節になりました。

若いころは日に焼けているくらいがかっこいい!と思っていたけど、しみやそばかすなどに悩まされ始めた現在はかなり後悔しています。

若いころは新陳代謝が活発なのでそれほど気にならなくても、年をとるにつれて肌に与えたダメージを感じてしまいます。

そうなる前に日焼け対策はしっかり行うことをおすすめします。

この頃はお手軽に日焼け対策を行うことができます。

注目を集めているに焼け止めとはどんなものでしょうか?

「飲む日焼け止めとは?効果や安全性は?」の続きを読む…

七夕レシピ デザートの簡単かわいいメニュー


七夕は日本のお祭り行事として7月7日に願い事を短冊に書いて笹に飾る日として有名ですが、実は子供の成長を願う節句の一つと言われています。

子どもの節句には美味しい料理と共にお祝いしたいですよね。

見た目も華やかな七夕レシピの料理を用意するだけでも七夕を十分楽しめますが、美味しい料理の後にはデザートも食べたくなってしまいます。

せっかくのお祝いなので料理だけでなくデザートも用意しちゃいましょう。

七夕にぴったりのデザートのレシピとは何があるでしょうか?

七夕にぴったりのレシピ おすすめデザートは?

年に1度織姫と彦星が出会える日と言われている7月7日

七夕とも呼ばれていますが、七夕には学校などでも特別メニューが出てきますよね。

家でも七夕にちなんだ美味しいデザートを作って子どもと食べたいけど、どんなデザートがいいのか悩んでしまいますね。

七夕にぴったりのレシピでおすすめのデザートといえば、簡単に作れるゼリーです。

透明のジュースを使って固めれば透明なゼリーがつくれます。

中に星形にカットしたフルーツを入れて固めれば見た目も可愛くて七夕をイメージしたデザートが完成します。

ゼリーにつかう色をアレンジすれば見た目も鮮やかなゼリーが完成します。

また、アレンジしやすくて七夕にぴったりのおすすめデザートレシピいえば、フルーツポンチです。

白玉を星形にカットし、沢山のフルーツで彩りを添えることができます。

白やピンクなどのゼリーを浮かべると天の川を連想するデザートができあがります。

ゼリーもフルーツポンチもつるっと食べることができますので、暑い日のデザートにもおすすめです。

七夕のデザートレシピで簡単なメニューは?

七夕のデザートレシピで簡単なメニューとして人気が高いのはやはりゼリーです。

具や使用する素材で見た目も味もかわります。

七夕用に作る場合は川を連想する青色が多いのですが、白や赤を使って色鮮やかにすると豪華に見える上、いろいろな味を楽しむことができます。

また、牛乳やクリームチーズを使ったデザートレシピも七夕のデザートレシピにぴったりです。

市販のクリームチーズを使ってチーズケーキを作り、フルーツやチョコなどを天の川に見立ててトッピングするだけ。

チーズケーキの大きさにあわせてブルーのゼリーを作ってトッピングするのもありです。

簡単に作ることができて見た目も楽しめ、おいしくいただけます。

七夕にぴったり!かわいいレシピ

牛乳、生クリームとフルーツで完成する七夕にぴったりのかわいいレシピはこれ!

牛乳、砂糖、生クリームをゼラチンで固めてパンナコッタを作ります。

星形にカットし、フルーツを添えて黄桃ソースをかければ完成。

見た目もかわいくあざやかで簡単な七夕にぴったりのデザートの完成です。

星型パンナコッタと黄桃ソース
星型パンナコッタと黄桃ソース

料理名:パンナコッタ黄桃ソース
作者:mane11

■材料(2~3人分)
〔パンナコッタ〕 /
生クリーム / 200cc
牛乳 / 200cc
砂糖 / 45g
ゼラチン / 5g
ゼラチンの水 / 25cc
バニラエッセンス / 少々
〔黄桃ソース〕 /
缶詰の黄桃 / 3個
砂糖 / 大さじ1
レモン汁 / 小さじ1/2
〔フルーツ〕 /
キウイ / 1個
黄桃缶詰 / 1個
冷凍ラズベリー / 5~6個

■レシピを考えた人のコメント
プルプルンのパンナコッタを☆型にしました♪
黄桃のソースをかけて フルーツと一緒にいただきます^^

詳細を楽天レシピで見る

牛乳をゼラチンで固めて星形にカットしてフルーツ缶と合わせるだけ。

これに白玉をいれるとフルーツポンチにも。

七夕ゼリー
七夕ゼリー

料理名:七夕ゼリー
作者:Pulcherrima

■材料(8~10人分)
ミカン缶詰 / 1缶
パイナップル缶詰 / 1缶
牛乳 / 200cc
粉寒天 / 2g
水(寒天用) / 100cc
粉ゼラチン / 10g
かき氷シロップブルーハワイ / 大匙3

■レシピを考えた人のコメント
七夕の日に、家にあった材料をかき集めて作りました。こんなお手軽デザートでも少し気分が盛り上がります^^。

詳細を楽天レシピで見る

牛乳寒天とサイダーにフルーツを入れて固めたゼリーです。

青が夜空を連想し、フルーツを星形にカットすれば星に見立てることが。

七夕にぴったりの簡単に作れるスイーツです。

七夕に♪星空ゼリー
七夕に♪星空ゼリー

料理名:ゼリー
作者:グルヤマ

■材料(3~4人分)
<白いゼリー> /
牛乳 / 200cc
アガー / 3g
砂糖 / 大さじ2
<青いゼリー> /
サイダー / 200cc
水 / 50cc
アガー / 5g
砂糖 / 大さじ1
かき氷シロップ(ブルーハワイ) / 大さじ2
<星型フルーツ> /
桃もしくはマンゴーの缶詰 / 3~4枚
(あれば)アラザンもしくはパールシュガー / 大さじ1

■レシピを考えた人のコメント
アガー使用の七夕ゼリー♪キラキラ輝く星空をイメージしました。常温で固まるので夏でも型崩れしにくく扱いやすいゼリーです。七夕の夜は晴れますように♪

詳細を楽天レシピで見る

まとめ

七夕にぴったりのスイーツレシピはいかがでしたか?

色とりどりのフルーツを加えるともっと見た目も鮮やかになります。

ゼリーなので簡単に作れます。

七夕レシピ 子どもと作れる簡単おしゃれメニュー!


もうすぐ七夕がやってきますね。

七夕は7月7日に行う日本のお祭りの行事の事で、おりひめとひこぼしの話は有名ですよね。

そして、短冊に願い事を書いて笹に飾ります。

そんな七夕祭りに欠かせないのは美味しい料理です。

七夕に子どもと一緒に美味しい料理を作って家族でおりひめとひこぼしの再会をお祝いしましょう。

「七夕レシピ 子どもと作れる簡単おしゃれメニュー!」の続きを読む…

初節句のお返しは両親にも必要?マナーと相場は?


子どもが初節句を迎える。

そう思うと感無量ですよね。

節句の度にお祝いする家庭は多いのですが、特に初節句を重視する家庭は多いのではないでしょうか。

というのは、初節句には多くの人から「お祝い」をもらうことが多いためです。

「お祝い」をもらったらお返しするのは当然ですが、自分の両親や義両親にもお返しした方がいいのでしょうか?

初節句のお返しは両親にも必要?

初節句のお祝いとして、お金やひな人形をもらうことが多いのですが、多くの場合は母方の両親からもらうことが多いといわれています。

両方の両親から初節句のお祝いをもらえるのはとてもうれしいのですが、お返しは両親にも必要なのでしょうか。

義両親の場合はお返しをした方が後々の事を考えても良い気がしますが、自分の両親にはどうなのか悩んでしまいますね。

初節句のお返しは両親には特に必要ないといえます。

もちろん、お返しすると喜んでくれる場合もありますが、かしこまってお返しするよりは、初節句のお祝いとして食事の席を設けて、招待する方が孫と一緒にご飯を食べることができますので両親にも喜んでもらえそうです。

また、もらったお祝いを披露する場を設けるというのもありです。

特に初節句のお祝いとしてお金をもらった場合、購入した品物を家に飾り、招待するとおじいちゃん、おばあちゃんは孫にもゆっくり会えますし、どんなものを買ったのかを知ることもできます。

自宅に招く場合は事前に日程を打診することが大切です。

ただ、家が遠方の場合は来てもらうことが難しいという場合もありますので、一度両親に確認してみるといいかもしれません。

初節句 両親へのお返しのマナー

初節句でお祝いをもらったら「内祝」として、頂いた金額の3分の1から半額ほどの金額のものをお返しするのが相場と言われています。

でも、両親へのお返しのマナーはどうなのでしょうか。

親戚や友達、知人などから初節句にお祝いをもらった場合は内祝としてお返しするのがマナーなのですが、両親にはお返しをしなくても良いといわれています。

特に初節句のお祝いとしてひな人形を孫に贈るのは母方の親と言われています。

義両親の場合だとお祝いのお返しをした方がいいかもと思いますが、自分の親だとお返ししないという人は多いのです。

そのかわり、食事など違うことでお返しするということが多いのです。

自分の両親なので、いつでも会うことはできますので、初節句のお返しはどんなものがいいのか直接聞くといいかもしれません。

初節句 両親へのお返しの相場は?


基本的に初節句のお返しの相場はもらった金額の3分の1から半額と言われています。

親戚や友だちなどから初節句のお祝いをもらった場合は、相場の金額相当の品物をお返しするものですが、両親へのお返しの相場はどれくらいでしょうか。

一般的に両親にはお返ししなくてもよいとされていますが、お返しが必要かどうか確認することをおすすめします。

両親にお返ししなくてもよいとの確認がとれれば、「内祝」としてお返しせず食事会やお茶会などを開催し、そこに招待して感謝の気持ちを伝える方法もありです。

また、もらったもの子どもとともに写真などにおさめてプレゼントするのもおすすめです。

お返しがほしいと両親に言われた場合は、金額の3分の1から半額の品物を用意するといいでしょう。

まとめ

初節句のお返しは両親にも必要?についていかがでしたか。

初節句のお祝いをもらった両親にお返しがいるかどうかを確認することが一番です。

お返しがいるといわればお返しした方がいいですし、お返しは不要と言われればかしこまったお返しではなく、一緒に食事をしながらお祝いすることをおすすめします。

ひな祭りのお祝いのプレゼントの相場は?のしはどう書く?


女の子のお祭りといえば3月3日のひな祭りです。

ひな祭りは桃の節句ともよばれ、女の子の成長を願ってひな人形や桃の花を飾る行事です。

毎年行われるものですが、女の子が生まれて初めて節句を迎える「初節句」は盛大に行う家庭は多いと言われています。

また、初節句を迎えた家庭にひな祭りのお祝いとしてプレゼントを贈る習慣がありますが、どういったものが良いのか悩んでしまいますね。

ひな祭りのお祝いにはどんなプレゼントがいいのでしょうか。

「ひな祭りのお祝いのプレゼントの相場は?のしはどう書く?」の続きを読む…

富士登山は初心者でも登れる?コースや日程!


富士山は夏季シーズンに富士登山に出かける人が多いといわれています。

人気の理由は、日本最高峰世界文化遺産に登録されたというものありますが、富士山の頂上からご来光を拝むことができたり、頂上から地上の景色を楽しむことができるからと言えます。

富士山は標高3776.12mあり、頂上まで登山するにはかなりの時間がかかります。

そのため、初心者は登ることができるのだろうか・・・と不安になりますよね。

今回は初心者でも登ることができるのか、コースや日程について書いてみます。

「富士登山は初心者でも登れる?コースや日程!」の続きを読む…