サンシェードの車の効果とは?フロントだけでなくサイドも必要?


夏の暑い陽射しの炎天下の中、車を止めておくと車内が暑くなり、ハンドルが握れないほどになってしまいますよね。

車内が暑くなってしまうと、冷房をかけてもなかなかきかず、窓を開けて走った方が涼しいことも。

また、車自体が暑くなってしまうと故障の原因になることもあるようです。

強い陽射しが車内に入ってしまったことが車内の温度をあげた原因であれば、強い陽射しが入らないように対策を行うとどうでしょうか。

スポンサードリンク


サンシェードの車での効果は?

夏の暑い時期や陽射しが強くなってくると見かけるようになるのが、車の窓に設置されているサンシェードです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

おもしろカーサンシェード 車の日除け☆RELAXからアバンギャルドなサンシェード!フロント 日よけ 遮光 フロントガラス かわいい キャンプ 紫外線 アウトドア 車 アクセサリー フロント おしゃれおもしろ雑貨のシンシア プレゼント 【あす楽対応可】価格:2484円(税込、送料別)

設置はとっても簡単なのでそれほど手間ではありませんが、サンシェードを車に設置した場合の効果はどんなものなのでしょうか。

サンシェードという名の通り、日よけグッズです。

実は強い陽射しが車内に入るのを防ぐだけでも車内の温度は9度ほど下がるといわれています。

つまりサンシェードを設置するだけで、車内の温度を下げることができる効果があるといえます。

暑い夏の時期にたった9度・・・と思えますが、この9度はとても大きいといえます。

まず、車内に入った時の体感温度が異なります。

そして、ダッシュボードやハンドルなどの温度も下げることができます。

強い陽射しが入り続けると見た目ではわからない場合でも、少しずつ劣化していき、時には壊れてしまうことも。

サンシェードを設置するだけで車内の温度を下げることができ、ダッシュボードやハンドルが劣化してしまうことを考えると設置しても損はなさそうですね。

サンシェードは車のフロントだけでいいの?

強い陽射しにより、車内の温度の上昇を抑えるためにサンシェードは有効ですが、サンシェードを設置するのはフロントだけでいいのでしょうか。

窓から強い陽射しが車内にあたり、車内の温度をあげていますので、フロントにサンシェードを設置するのはありです。

フロントとバックの窓は大きいので、大きい窓から陽射しがたっぷり入ると車内の気温は上昇してしまいます。

またフロントのダッシュボードは黒などの濃い色のため、さらに陽射しを集めやすく、車内の気温をあげてしまいます。

強い陽射しにより、車内の温度の上昇を抑えるためにサンシェードは有効ですが、サンシェードを設置するのはフロントだけでいいのでしょうか。

窓から強い陽射しが車内にあたり、車内の温度をあげていますので、フロントにサンシェードを設置するのはありです。

フロントとバックの窓は大きいので、大きい窓から陽射しがたっぷり入ると車内の気温は上昇してしまいます。

またフロントのダッシュボードは黒などの濃い色のため、さらに陽射しを集めやすく、車内の気温をあげてしまいます。

そのため、フロントにサンシェードを設置することは車内の温度を下げるだけでなく、ダッシュボードやハンドルの劣化から守ります。

フロントにサンシェードを設置するのは必須とも言えるでしょう。

スポンサードリンク


サンシェードは車のサイドにも必要?


真夏はもちろん、春先でも車内の温度が高くなります。

夏場の車内は何も対策を行わない場合、57度以上になることも。

春先なら大丈夫と思っている方も多いと思いますが、春先でさえも、50度前後になることもあるようです。

陽射しがたっぷり入ってくるフロントにサンシェードを設置するのは意味がありそうですが、車のサイドにも必要なのでしょうか?

車内の気温が高くなる原因はフロントのダッシュボードですので、サイドはそれほど重要ではないようですが設置しておけば陽射しが入ることはなさそうです。

ただ、走行中につけておくと視野を妨げる原因となって違反になる場合もありますので、走行中は注意が必要です。

まとめ

車にサンシェードを設置することは車内の温度を下げる上で有効です。

また、フロントのダッシュボードに強い陽射しがあたり、車内の気温があがるため、日光があたるのを防ぐことができます。

ただ、走行中は視野を妨げる原因になるため、サンシェードを使用していると違反になる場合があるので要注意です。

スポンサードリンク


コメントを残す