カビがお風呂に発生!おすすめ洗剤と落とし方


毎日換気しているにも関わらず、カビがお風呂に発生している・・・

なんてこと、ありませんか?

カビは一度発生してしまうとなかなか落とすことができません

今回はカビがお風呂に発生した場合のおすすめの洗剤や落とし方について書いてみます。

スポンサードリンク


カビが風呂に発生するのはなぜ?

毎日使用するお風呂。

掃除して換気しているのにカビが発生・・・なんてことはありませんか?

カビが一度発生するとすぐに繁殖して増えてしまいますし、カビを落とすのは至難の業です。

でも、毎日掃除して、換気しているのになぜカビが発生してしまうのでしょうか。

カビは換気するだけでは発生するのを止めることができません

換気で空気の入れ替えはできますが、カビは湿度が高いところにできやすいため湿気にも気を使う必要があります。

湿気もカビは大好物です。

お風呂の残り湯は何かと使えますが、できれば水分を残さないようにすることが大切です。

また、浴槽をはじめ、洗い場はシャワーやお湯を流しているから特に意識して洗わないという方は多いでしょう。

実は浴槽や洗い場の汚れはお湯や水を流したくらいではなくなりません。

汚れが流れることもありますが、基本的にはしっかり掃除をしないと汚れをきれいに落としきれていないため、カビの大好物があちこちに残っている状態です。

でも、どんなにがんばってもお風呂にカビが発生してしまうこともあります。

カビが発生しないように気をつけることが一番ですが、お風呂にカビが発生した場合は洗剤でしっかり落としちゃいましょう。

カビがお風呂にできた時の洗剤は?

毎日こまめに掃除したり、換気していてもカビがお風呂に発生してしまうことがあります。

そんな時はなんでカビが発生したかを考えるのではなく、発生したカビをなくすことを考えましょう。

カビが発生してしまったらカビとり専門の洗剤を使うのはおすすめです。

例えばカビキラーはお風呂のカビとり洗剤としてよく耳にしますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【数量限定】カビキラー本体+替えペアパック【jo2】【17js11】
価格:412円(税込、送料別) (2017/12/13時点)

気になるカビに直接スプレーするだけのとても簡単な洗剤です。

お風呂のカビとり洗剤で気になるのは鼻につんとくるにおいや刺激ですよね。

強い刺激があると肌が荒れてしまうなんて方も。

でも、強力なものでないとお風呂のカビはとれないのでは・・・と思うと、我慢して使いがちですが、それほど刺激が強くないけど、お風呂のカビをしっかりとることができるカビとり洗剤があるんです。

それは、業務用のお風呂のカビとり洗剤です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【大掃除はKis!】送料無料 カビ取りジェル 業務用カビ取り剤 ジェル 浴室 お風呂のカビ取り ゴムパッキン 目地 シリコンコーキング 壁 結露の頑固なカビとり一発 かび取り バス お風呂洗剤 お風呂掃除【防カビ性能付きカビ取りジェル100g】

価格:1699円(税込、送料無料) (2017/12/13時点)

お掃除のプロが使っている優れものなので、効果を実感できますよ。

スポンサードリンク


カビができた!お風呂のカビの落し方とは


お風呂にカビが発生してしまうと、がんばって掃除してもカビをなかなか落とすことができません。

それなら洗剤をかえればいいのか・・・というとそうでもありません。

お風呂のカビをしっかり落とせる洗剤を使うことは前提です。

根が浅いカビであればお風呂のカビを落とす専用の洗剤を使用すれば落とすことが出来ますが、奥まで根をはってしまったカビの場合はなかなか落とすことができません。

そんな場合はカビを落とす洗剤がカビの奥まで届くようにカビに洗剤をつけたらすぐに洗い流すなどではなく、しばらく置いておきましょう

さらにしっかり浸透させたい場合は、洗剤を付けた箇所にサランラップやティッシュなどで蓋をして数分置くことが大切です。

また、カビとりの洗剤が液体だと流れてしまいますが、ジェルタイプのお風呂用カビ洗剤を使用してカビにピンポイントに塗布し、サランラップやティッシュなどで蓋をすると効果的です。

ごしごしこすって傷つけないようにすることも大切です。

そしてカビをしっかり落としたらカビが発生しないようにこまめに掃除することが大切です。

まとめ

お風呂にカビが発生したら放置せず、すぐに掃除するようにすると根深くなる前に綺麗にすることができます。

カビが発生してもあきらめず、掃除し、カビが発生しない環境作りをすることが大切です。

スポンサードリンク


コメントを残す