お風呂のカビを予防!酢やクエン酸の効果は


お風呂に黒カビが・・・とあきらめていませんか?

お風呂は湿気も多いからカビが発生しても仕方ない・・・なんてことはありません。

お風呂に発生するカビは予防できるんです

今回はお風呂のカビ予防の方法や酢やクエン酸は効果があるのかについて書いてみます。

スポンサードリンク


お風呂のカビは予防できる?

毎日換気しているにも関わらず、お風呂にカビが発生している・・・

カビが発生する条件は実は水分だけではありません

カビは湿度温度汚れなどの条件がそろうと発生します

そのため、いくら換気しても換気だけではカビを予防することはできないのです。

ではなぜ、お風呂にカビが発生するのかというと、お風呂は年中水分があります。

換気していれば大丈夫と思いがちですが、浴槽に水分が残っていたり、換気していてもしっかり乾ききることなく夜にお風呂を使って水分がたまってしまいますので完全に乾いてる状態があるわけではありません。

物が置いてある下の部分はぬれていたり、乾いているように見えて実は湿っていたりします。

また、カビは温度が20~30度くらいが一番活発に活動します

お風呂には残り湯が流されず残っている場合もあり、残り湯にはカビが大好きな汚れや人間の皮脂などが残っているため、水分、湿気、汚れとカビが発生しやすい状況があるといえるでしょう。

綺麗に洗うことはもちろんですが、カビが発生しにくい環境をつくることが大切です。

風呂のカビ予防は酢でできる?

お風呂のカビが発生するのを予防できたら・・・と思いますよね。

身近にあるものでお風呂のカビ予防ができれば一番です。

よく耳にするのは「」ですが、お風呂のカビ予防は酢でできるのでしょうか?

答えはNoです。

酢には洗浄と雑菌が増えるのを予防する働きがあるとされており、酢を水で薄めて使えば汚れを落とすことが出来るといわれています。

そのため、お風呂に発生したカビを落とすことには使えますが、酢でお風呂のカビが発生するのを予防することはできないのです。

また、食用に使う酢には穀物やお米などが使われているため、逆にカビが発生する可能性が高くなります。

カビを落とすのにぴったりなのはアルコールから作られている酢を使うことをおすすめします。

スポンサードリンク


お風呂のカビ予防!クエン酸は?


お風呂に発生するカビを予防できる方法はあるのでしょうか。

この頃はお風呂に発生するカビを落とす方法として様々な種類の洗剤が販売されています。

中でも人気が高いのが「クエン酸」です。

クエン酸とは酸味成分のことで、レモンやグレープフルーツなどの柑橘類や梅干しなどに含まれている成分です。

クエン酸がなぜ人気が高いのかというと、臭いを消したり、菌が増えるを防いだり、汚れなどを落とすといわれているためです。

クエン酸は掃除にもピッタリですが、お風呂のカビを予防するのにもおすすめです。

クエン酸の酸の力を使い、お風呂についた汚れや人間からでた皮脂などで発生したカビを落とすことはもちろん、クエン酸が持つ殺菌・抗菌効果がカビが発生するのを防ぐのです。

そのため、クエン酸を水で薄めたものを吹きかけるだけでお風呂のカビ予防の効果を実感できるといえます。

お風呂をこまめに換気したり、綺麗にしているにも関わらずカビが発生する場合はクエン酸を吹きかけてみるといいかもしれません。

まとめ

お風呂のカビは酢では予防することは難しいといえますが、クエン酸は可能です。

ただ、お風呂をきれいに保つことが一番大切です。

こまめに換気し、汚れを残さないように掃除を心掛けることをおすすめします。

スポンサードリンク


コメントを残す