換気扇の掃除のやり方と頻度は?


年末が近づくと気になるのは換気扇の掃除です。

特に台所の換気扇は頻繁に使用しますし、油などを使用するためか油でギトギトの上、かなり汚れています

年末でなくても頻繁に洗いたいところですが、換気扇の油汚れがなかなか落ちにくくてついつい躊躇してしまう方が多いのではないでしょうか。

今回は換気扇の掃除のやり方や頻度について書いてみます。

スポンサードリンク


換気扇の掃除は必要?

換気扇の掃除が苦手・・・そんな方は多いのではないでしょうか。

その理由は、換気扇の汚れが落ちにくいからです。

そもそも換気扇の掃除は必要なのでしょうか。

換気扇は汚れたままで放置しておくのはおすすめできません

換気扇が汚れていることで煙やにおいなどを吸引する力が落ちてしまったり、油で厚くなったファンがあたって音がするようになったり、換気扇についた油が落ちてきたりなど様々なトラブルが発生することがあります。

そのため、換気扇の掃除は必要といえます。

汚れたまま放置しておくとますます汚れがたまる一方ですし、汚れがさらにくっついてしまいますのでますます汚れが落ちにくくなります。

そうなる前に換気扇の掃除をすることをおすすめします。

換気扇の掃除のやり方は?

換気扇の掃除が必要なのはわかりました。

が、一度でも換気扇の掃除をしたことがあるかたはご存知ですが、換気扇の汚れを落とすのはとても大変です。

換気扇にはほこり汚れだけでなく、などもこびりついているため汚れはなかなか落ちません。

ごしごしこすれば落ちることもありますが、力や時間がかなりかかるうえ、こすりすぎると換気扇のファンを傷つけてしまうことも。

換気扇を傷つけることなく汚れを落とすためにしっかり準備を行いましょう。

換気扇の掃除のやり方として、まずは換気扇の電源を落とします。

次に換気扇のフィルターをはずし、換気扇の中に取り付けられているファンを取り外します。

換気扇のフィルターとファンに洗剤をつけるか、洗剤を入れたお湯などに数分つけ置きします。

使用する洗剤は頑固な油汚れを浮かせて落とすことができる洗剤や油汚れに特化した洗剤がおすすめです。

アルカリは油の成分と反応するため、油汚れが落ちやすい性質があります。

ただ、タンパク質を落としやすいという性質もあるため、アルカリ性洗剤が皮膚についてしまうと炎症を起こしてしまうことも。

そのため、しつこい油汚れには手袋などをはめて、皮膚につかないように気を付けながらアルカリ性の洗剤を使用することをおすすめします。

スポンサードリンク


換気扇の掃除の頻度は?


換気扇の掃除はとても面倒ですが、換気扇の掃除が大切なことはわかりました。

どのくらいの頻度で掃除するのが理想なのでしょうか。

もちろん毎日掃除できるのが理想ですが、毎日だととても大変です。

年に1回、年末に換気扇を掃除するという方はとても多いのですが、最低でも年に2回~4回ほど行うことが理想です。

ただ、毎日調理していると換気扇に油が飛び散り、換気扇に付着します。

付着した油はなかなか落ちにくいのですが、どんどん重なっていくとますます落ちにくくなります。

ですので汚れが重なり、油が固くなる前に掃除することをおすすめします。

まとめ

換気扇の掃除は面倒ですが、最低でも年に2回から4回行うことがおすすめです。

換気扇のファンやフィルターの汚れはアルカリ性の洗剤につけ置きしておくと落ちやすくなります。

換気扇の音が気になり始めたら掃除すると換気扇の動きが良くなるので試してみても。

スポンサードリンク


コメントを残す