ピンクゴールドって?変色したら?さびはどうする

289571
ピンクゴールドって聞きなれないですよね。

金と聞くと「ゴールド」のイメージが強いのですが、ピンクゴールドってどんなものなのでしょうか?

この頃はゴールドの他にピンクゴールドイエローゴールドなど様々なゴールドが存在しています。

今回はピンクゴールドネックレスのお手入れについてや、変色したらどうすればいいのか、さびはどうするのかについて書いています。

スポンサードリンク


ピンクゴールドって?

ピンクゴールドとは、ほのかにピンク色をした金のことです。

なぜピンクに見えるのかというと、純金に加える銅の比率をあげることで銅の色が強めなためです。

ピンクゴールドは、純金に銅や銀などの金以外のもの(割地金)を入れて作られます。

銅や銀の比率を変えることでピンクゴールドにもイエローゴールドにもなるのです。

ちなみにイエローゴールドは純金に銀の比率を高めにして作られています。

純粋な金ではないけど、その色合いがとてもやさしく、かわいいところが人気を集めています。

ピンクゴールドが変色したら?

あれ?最近ピンクゴールドがくすんだ気がする・・・

そう思ったらそれはもしかしたらピンクゴールドが変色しているのかも。

ゴールドって聞くと変色しないイメージが強いので、ピンクゴールドも変色しないと思っちゃいますが、ピンクゴールドは銅の比率が高いため、変色しやすいんです。

変色というよりも、酸化したというのが正しいです。

ピンクゴールドが変色してしまったら、お手入れして元の状態に戻してあげましょう。

ピンクゴールドを購入したお店に相談するのもありですが、自宅にある中性洗剤に5分ほど浸すことでピンクゴールドについた汚れなどを落とすことができます。

水洗いした後は柔らかい布でやさしくふきましょう。

スポンサードリンク


ピンクゴールドのさびはどうする


ピンクゴールドは純金に銅の比率を高めにして作られているので、どうしても変色やさびが発生しやすいのです。

発生したさびはお手入れすれば取り除くことができます

ピンクゴールドに発生しやすいさびは緑青と呼ばれる緑色のさびです。

日頃使っているアクセサリーに緑色のさびが発生していたらびっくりしちゃいますよね。

この緑青もぬるま湯の中に中性洗剤を入れて5分程度浸してからふきとるときれいに取り除くことができます。

細かい部分の緑青はやわらかくしてからブラシでやさしく磨くと落とすことができます。

ごしごしとこするとキズがついてしまいますので、こする強さには注意してくださいね。

まとめ

ピンクゴールドは銅の比率が高い合金です。

変色しやすく、さびやすいのでこまめにお手入れすることをおすすめします。

お手入れすれば変色もさびも解消できますので、お手入れしてきれいな状態を保ちましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す