普通の帽子では紫外線カットできないの?SPF効果のある帽子って?


陽射しが強くなってくると気になるのは紫外線ですよね。

紫外線は長い間あたっていると様々な影響がでます

日焼けはもちろん、部位によっては炎症を起こしてしまったりシミしわが発生したりと実に様々です。

そのため、紫外線を予防するグッズは沢山ありますが、かぶるだけという手軽な点から帽子を使用する人は多いでしょう。

今回は普通の帽子では紫外線カットできないのか、SPF効果のある帽子について書いてみます。

スポンサードリンク


普通の帽子では紫外線カットできないの

数ある紫外線対策グッズの中から、よく利用されているのは帽子ではないでしょうか?

一昔に比べて、おしゃれな帽子も多くなり、かぶるだけという手軽さからおしゃれを兼ねた紫外線対策に帽子を利用する方は多いでしょう。

日焼け止めと帽子で紫外線をしっかり予防できますので、利用しない手はないですよね。

でも、普通の帽子では紫外線カットはできないのでしょうか?

答えは普通の帽子でも紫外線カットはできます。

帽子の種類もいろいろあり、濃い色の帽子であれば薄い帽子より効果はあります。

ただ、日焼け止めを塗り、帽子をかぶれば、上からの紫外線は予防することが可能ですが、紫外線はアスファルトなどに反射して照り返しという現象を起こします。

つまり下からの紫外線の予防は難しいのです。

紫外線をしっかり予防したい場合は、日焼け止めを塗り、しっかりカバーする帽子をかぶるといいでしょう。

SPF効果のある帽子って?

普通の帽子でも紫外線を予防することができるなら、しっかり紫外線を予防したいですよね。

帽子の中にはSPF効果があるものもあるようです。

SPFとは日焼け止めのことです。

SPF効果のある帽子は、つばの広い帽子が多いです。

【UVカットの帽子特集】

利用する人が多いのかおしゃれでかわいいものが多いので利用しやすいですね。

ただ、紫外線は上からだけでなく、アスファルトなどで照り返して、下からもあたりますので、SPF効果のある帽子をかぶるだけで日焼けしないわけではありません。

日焼け止めなどをしっかり塗った上で、SPF効果のある帽子をかぶることをおすすめします。

スポンサードリンク


帽子に組み合わせるとぴったりなUVグッズは?


UVカット効果のある帽子は販売されていますが、帽子だけでは紫外線を防ぐことはできません。

そのため、帽子と組み合わせるとぴったりなUVグッズがあればいいですよね。

帽子に組み合わせるとぴったりなUVグッズは沢山あります。

例えばUVカット効果のあるサングラスや眼鏡です。

また、腕カバーも帽子と合わせて使用すると紫外線対策ができます。

もちろん、日焼け止めをこまめに塗ることも大切です。

そのうえで、UVグッズを使うようにしましょう。

まとめ

普通の帽子でも紫外線カットはできます。

ただ、帽子だけに頼るのではなく、日焼け止めをこまめに塗ることも大切です。

SPF効果のある帽子の種類は増えており、かわいらしいものや上品な帽子が販売されています。

帽子と合わせてサングラスや眼鏡などで、しっかりと紫外線対策を行いましょう。

スポンサードリンク


コメントを残す